保険が効くプラセンタ注射Q&A〜保険適応の疾患やクリニック選び

プラセンタ注射が保険適用される場合とされない場合

プラセンタには数多くの薬理作用があり、健康や美容に対する効果が非常に高いです。

そのため皮膚科、美容外科、内科、婦人科といった医療機関においても治療のひとつとしてがおこなわれており、なかでも即効性があるということでプラセンタ注射の人気は高いです。

ちなみにプラセンタ注射をすると、今後、献血は出来なくなります。また、ヒト由来のプラセンタを使うため、感染症の疑いはないと言い切れないですし、拒絶反応として、赤い発疹・発熱など、アレルギー症状を起こす人がごくまれにいるようです。

こうしたリスクやデメリットもあるので、施術前には同意書にサインする必要があります。

    

プラセンタ注射〜保険が効く場合

まず間違いなく保険が効くのは、「肝炎・肝硬変」という疾患の治療にプラセンタ注射を用いる場合です。それから更年期障害の治療の場合も多くの医療機関では保険適応になります。

肝炎・肝硬変・肝機能障害、更年期障害・乳汁分泌不全といった病気の治療に対しては基本的に保険が効くと思ってもらってかまいません。

(更年期障害・乳汁分泌不全についてはクリニックよっては保険適応外になるケースもあるので注意してください。)

健康保険で利用できるプラセンタ注射というのは、肝機能障害の場合には、肝機能疾患の改善に有効な治療薬として取り扱われている「ラエンネック」、更年期障害や乳汁分泌不全の場合、「メルスモン」にかぎられています。

これは全国のどこの医療機関でプラセンタ注射を受けても同じです。今のところ「ラエンネック」も「「メルスモン」保険適応になってからかなりの日数が経過していますが、大きな副作用があったという報告はないので安心して使えると思います。

プラセンタ注射が保険適用になるかならないかは、診察した医者の判断になりますが、基本的には、婦人科や内科で診察を受けてプラセンタ注射を処方してもらうことになった場合は、保険が適用されると思ってもいいかと思います。

なお、保険適用なのは、「ラエンネックは1回2アンプルまで、メルスモンは1回1アンプルまで※」と決まっています。(地域によって保険審査が違うので数字が違うことあり。)

(※アンプルというのは医療現場でよく用いられる言葉で、注射用の薬液1回分の量が入った容器のこと)

保険適用条件を超える頻度や量でプラセンタ注射を打つ場合は自動的にその分は自費扱いになるので覚えておくといいと思います。

プラセンタ注射〜保険が効かない場合

病気の治療以外の目的でプラセンタ注射をする場合は保険は効きません。自費診療という形になります。

治療以外の目的というのは美肌や美白といった美容目的はもちろんですが、生理痛・生理不順、アレルギー・アトピー疾患、関節リウマチ、滋養強壮、腰痛・肩こりの症状の緩和や改善を目的にした場合もそうです。

保険適応にしてもおかしくないものも多いのですが、今の日本では、あくまで「肝機能障害」「更年期障害・乳汁分泌不全」の治療目的でしかプラセンタ注射は保険適用されません。

皮膚科、美容外科で診察を受けてプラセンタ注射を処方してもらうことになった場合は、保険は適用外になると思っていたほうがいいと思います。

保険適用だと 医療機関にもよりますが 3割負担で 1回あたり数百円でプラセンタ注射を打てます。自由診療となると価格が跳ね上がるようなイメージがありますが、保険適用外でも 1回1000〜1200円ぐらいですからそれほどびっくりするような料金設定ではないと思います。

そのため2週間に1度、あるいは1週間に1度の頻度で滋養強壮や美肌のために定期的に病院に通ってプラセンタ注射を打っている人は意外に多いみたいです。

プラセンタ注射をする病院・クリニック選び

プラセンタ注射で使われているプラセンタエキスというのは、お伝えしたとおり、どこの病院の何科であろうと中身は一緒です。にもかかわらず、自由診療の場合は、 病院によって価格が違いますから、自宅から通いやすい範囲にある医療機関に料金を問い合わせて、一番安い病院にすればいいと思います。

美容目的の場合、プラセンタ注射をすればするほど肌の調子がよくなりますから、費用対効果の高いクリニックに長期間通うということを考慮するようにしてください。

地方には、患者獲得のためなのか目的や疾患の有無をとわずにプラセンタ注射=保険適用にしてくれる病院があるようです。(これについてはあまり詳しくは書けませんがこういう病院は地元で有名なはずです。)

人によっては、美容目的にもかかわらず、あえて更年期障害が辛いような演技をして、保険適応のプラセンタ注射をしてもらう人もいるみたいです。

肌の老化が著しく進む、30代後半から40代はちょうどプレ更年期とも重なるので、迫真の演技をすれば医者をだませないことはないですが、医療費はみんなが納めた税金なのであまりこういうことはしないほうがいいでしょうね。

(さらに詳しいプラセンタ療法の情報については、プラセンタ療法のすべて/効果・副作用・治療費etc..が参考になります。)

サイトMENU

サイトMENU

Copyright (C) 2012 保険が効くプラセンタ注射Q&A〜保険適応の疾患やクリニック選び. All Rights Reserved.